スポンサーサイト

  • 2016.08.22 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    13日は県庁前へ!

    • 2015.09.12 Saturday
    • 18:04


    みなさん、県民大集会、
    いよいよ明日となりました。
    (よびかけ文については、
    こちらをクリックしてご覧ください→

    国会前を始め、連日、全国各地で本当にたくさんの人々が
    戦争法案NO!の抗議の声を上げています。
    週明け以降、安倍内閣と与党は、参議院での強行採決、
    あるいは60日ルールの適用による
    衆議院再可決を狙っています。

    こうした緊迫した状況の中で、
    明日の取り組みは大変意義のあるものとなるでしょう。
    戦争法案に反対する福島県民の怒りの声を、
    国会に届くぐらい大きくあげようではありませんか。

    集会後、市内をデモパレードします。
    好みのプラカードなどをお持ちください。
    (当デモの趣旨に合ったものでお願いします)
    タンバリンなどの鳴り物も効果的です。
    明日の福島市の予報は晴れときどき雨。
    場合によってはざっと降ることもあるようです。
    各自レインコートなどがあると便利です。

    また明日は県内各地から数千人規模の
    参加者が予想されます。
    県庁内のトイレ設備が限られていますので、
    なるべく昼食休憩の時などに、
    事前にお済ませくださるようお願いいたします。

    マイカーで来られる方は県庁前の有料駐車場を
    ご利用いただけますが、こちらも駐車できる台数に
    限りがあります。
    県庁から徒歩圏内にコインパーキングもありますので、
    そちらもご利用ください→

    明日、たくさんのみなさんのお越しを、
    お待ちしています。

    〈徒歩の方へー福島駅から県庁までのアクセス〉
    福島駅東口から徒歩15分。
    中合デパートの駅前通りを直進。
    国道13号(信夫通り)を右折。
    平和通りを左折。
    向かい側に福島県警を見つけたら、
    平和通りを地下遊歩道で右折。
    突き当たりのビルが福島県庁です。


     

    13日(日)は「福島は怒ってる💢」戦争法案NO!福島県民大集会へ!

    • 2015.09.10 Thursday
    • 07:04
    みなさん、13日の
    「福島は怒ってる💢 戦争法案NO!
    福島県民大集会」の開催まで、
    あとすこしとなりました。

    無投票当選で総裁続投が決まった
    安倍首相と政府、与党の暴走は
    ますます加速しています。

    本日の参議院・平和安全特別委員会で
    鴻池委員長は、野党のコンセンサスもないまま、
    中央公聴会を15日に開催することを、
    強行採決しました。
    これは予定通り16〜18日のどこかで、
    安保関連法案を採決に持ち込むための
    前提となるものです。


    先日は自民党の高村副総裁が
    「国民のために必要だ。
    十分に理解が得られていなくても
    決めないといけない」と述べました。

    7日のJNNの世論調査では
    今国会で成立させるべきではないと
    考える国民が61%、
    与党が法案について十分説明していないと
    考える国民が83%という結果が出ています。


    こうした多くの国民の反対にもかかわらず、
    憲法違反の戦争法案を
    数の力で押し切ろうとしている
    安倍内閣と与党・自民、公明党を、
    私たちは断じて許すわけにはいきません。

    みなさんの怒りの声を、一緒に、
    福島の空の下であげていきましょう!


    今回の集会は全県規模のものです。
    数千人規模の参加を目標としています。
    広く県内からの参加を呼びかけます。

    呼びかけ人には佐藤栄佐久・元県知事や
    作家、福壽寺住職・玄侑宗久氏、
    桜井勝延南相馬市長、
    渡辺敬夫・前いわき市長、
    伊藤寛・前三春町長らに賛同いただきました。
    もちろん研究者の会のメンバーも
    名を連ねています。

    「アベ政治を許さない」個人の方のご参加大歓迎!
    戦争法案反対へ思想・信条、党派を超えて
    多数の方の結集を!
    ぜひご家族とお友だちとご一緒に、
    もちろんおひとりさま同士ご一緒に、
    福島からみんなで怒りの想いを届けましょう。

    集会後は市内をパレードの予定です。




    9・13  戦争法案NO!福島県民大集会
    参加のよびかけ

     2015年7月15日衆議院特別委員会、翌16日本会議で、集団的自衛権行使容認を中心とした、極めて違憲性の高い安全保障関連法案が、政権与党によって強行採決されました。戦争法制としての本質を持つこの安全保障関連法案に対し、各種世論調査では国民の多数が反対していました。その中での強行採決は、立憲主義と民主主義を蹂躙する暴挙と呼ぶに値するものであり、また、主権者である国民にとって到底許されるものではありません。現在参議院において審議されているこの法案ですが、審議すればするほど、その本質が「戦争法案」そのものであることを明らかにしています。
     
     それだけではありません。
     
     2015年8月11日、鹿児島県にある九州電力川内原発が再稼働しました。
     
     2011年3月の東京電力福島第一原発事故から4年。現在も10万人以上の方々が福島県内外で避難生活を強いられ、汚染水は今なお増え続け、事故原因も十分に究明されたとは言えず、さらに事故の教訓も生かされず、多くの福島県民が原発事故の傷から癒えていない状況であるにもかかわらず、それをあざ笑うかのように原発を再稼働する政府は、これからも国民を愚弄し、欺き続けることでしょう。
     
     数え上げればきりがありません。
     
     沖縄県普天間基地の辺野古への移設問題。特定秘密保護法。TPP協定。子どもの貧困。経済格差。雇用問題。教育現場への政府の介入。報道機関への圧力…。これらはすべて国家の利益を優先し、国民の人権やいのちを軽視する政府の姿勢そのものの現れにほかなりません。
     
     憲法は、国家権力にたいして、国民の権利を守らせるために、破壊させないために、存在します。しかし、今、その憲法が、国家権力によって破壊されようとしています。
     
     私たちは、今、このような危機に直面し、今を生きる人のために、また未来を生きる人のために、守らなくてはならない大切なものがあり、そのために、それぞれ立場は異なれども、勇気を持ち、声を上げ、立ち上がらなくてはならないという認識を共有しました。そして、多くの市民とともに、不断の努力を行おうと決意し、集会を開催することにいたしました。
         
        多くの県民のみなさんのご参加を心から呼びかけるものです。


     
    よびかけ人一同

    9.13 は戦争法案NO!福島県民大集会へ!

    • 2015.09.02 Wednesday
    • 10:06
    みなさん、毎日新聞の報道によれば、
    安倍内閣は安全保障関連法案を、
    9月第3週に原案のまま、
    参議院で採決に持ち込む予定だそうです。

    折しもその直前の13日(日)に、
    全県レベルのアクションを開催予定です。


    「福島は怒ってる💢」
    次のアクションは9.13、県庁前(福島市)にて。

    呼びかけ人にはあの佐藤栄佐久・元県知事や
    作家、福壽寺住職・玄侑宗久氏、
    桜井勝延南相馬市長、
    渡辺敬夫・前いわき市長、
    伊藤寛・前三春町長らに賛同いただきました。
    もちろん研究者の会、9条の会のメンバーも
    名を連ねています。

    「アベ政治を許さない」個人の方のご参加大歓迎!
    戦争法案反対へ思想・信条を超えて多数の方の結集を!
    ぜひご家族とお友だちとご一緒に、
    もちろんおひとりさま同士ご一緒に、
    福島からみんなで怒りの想いを届けましょう。

    プログラム詳細は後日告知します。



    9・13  戦争法案NO!福島県民大集会
    参加のよびかけ

     2015年7月15日衆議院特別委員会、翌16日本会議で、集団的自衛権行使容認を中心とした、極めて違憲性の高い安全保障関連法案が、政権与党によって強行採決されました。戦争法制としての本質を持つこの安全保障関連法案に対し、各種世論調査では国民の多数が反対していました。その中での強行採決は、立憲主義と民主主義を蹂躙する暴挙と呼ぶに値するものであり、また、主権者である国民にとって到底許されるものではありません。現在参議院において審議されているこの法案ですが、審議すればするほど、その本質が「戦争法案」そのものであることを明らかにしています。
     
     それだけではありません。
     
     2015年8月11日、鹿児島県にある九州電力川内原発が再稼働しました。
     
     2011年3月の東京電力福島第一原発事故から4年。現在も10万人以上の方々が福島県内外で避難生活を強いられ、汚染水は今なお増え続け、事故原因も十分に究明されたとは言えず、さらに事故の教訓も生かされず、多くの福島県民が原発事故の傷から癒えていない状況であるにもかかわらず、それをあざ笑うかのように原発を再稼働する政府は、これからも国民を愚弄し、欺き続けることでしょう。
     
     数え上げればきりがありません。
     
     沖縄県普天間基地の辺野古への移設問題。特定秘密保護法。TPP協定。子どもの貧困。経済格差。雇用問題。教育現場への政府の介入。報道機関への圧力…。これらはすべて国家の利益を優先し、国民の人権やいのちを軽視する政府の姿勢そのものの現れにほかなりません。
     
     憲法は、国家権力にたいして、国民の権利を守らせるために、破壊させないために、存在します。しかし、今、その憲法が、国家権力によって破壊されようとしています。
     
     私たちは、今、このような危機に直面し、今を生きる人のために、また未来を生きる人のために、守らなくてはならない大切なものがあり、そのために、それぞれ立場は異なれども、勇気を持ち、声を上げ、立ち上がらなくてはならないという認識を共有しました。そして、多くの市民とともに、不断の努力を行おうと決意し、集会を開催することにいたしました。
         
        多くの県民のみなさんのご参加を心から呼びかけるものです。


     
    よびかけ人一同

    8.30福島大行動、各誌の報道です

    • 2015.09.01 Tuesday
    • 19:17

    「戦争させないぞ 安保法案反対
    会津若松や福島 集会、デモ」

    毎日新聞(8.31朝刊、福島版)



    「福島でも廃案訴え」福島民友新聞(8.31朝刊)



    「県庁前などで反対集会  福島
    プラカード掲げデモ行進」

    福島民報新聞(8.31朝刊)



    「怒りの訴え 福島」
    しんぶん赤旗(9.1朝刊、東北版)

    8.30福島大行動→大成功!

    • 2015.08.30 Sunday
    • 23:31

    戦争法案廃案、安倍内閣退陣
    8.30福島大行動、雨天にもかかわらず、
    県庁前での集会および街なかデモパレードに
    たくさんの方々が駆けつけてくださいました。

    研究者の会からは、
    吉原泰助・福島大学名誉教授の開会挨拶に始まり、
    塩谷弘康・福島大学教授
    藤野美都子・福島県立医科大学教授
    福島若者有志の会から佐藤大河さんがリレースピーチ。
    最後に真木実彦・福島大学名誉教授/
    福島県9条の会事務局長が
    行動提起を兼ねた閉会挨拶をして集会は終了しました。

    このあと、みんなでコールの練習をして、、、
    いざデモパレに出発です。



    約550人ものみなさんの長い長い隊列。
    県庁前広場を三列縦隊で
    ぐるっと一周してもまだ足りない。
    すごいです!



    若者の会からドラム隊も参加してくださり、
    今流行りの(!?)リズム感あふれるコールで、
    県庁通りから出発し、40分ほど
    ぐるっと街なかを練り歩きました。
    「戦争法案、絶対反対!」
    「安倍政権は今すぐ退陣!」
    「9条守れ!憲法守れ!」

    事前に研究者の会にも問い合わせてくださった方が
    たくさんおられたのですが、
    この日は福島市以外からも
    駆けつけてくれた方々が多数見えました。


    ゴール地点の街なか広場に到着しても、
    みなさん興奮冷めやらず、コールの大合唱!
    ふくしま魂、炸裂です。

    若者有志の会のツイッター情報では、
    この日福島市以外でも、郡山、二本松、
    白河、いわきなどで抗議集会があり、
    県内で少なくとも1700名の方々が立ち上がったそうです。

    こうした全国規模での大行動で、
    安倍内閣も戦争法案もかなり追い詰められています。
    今日の行動を明日の力につなげて、
    引き続きアクションしていきましょう!

    みなさん、本当にお疲れさまでした。
     

    8.30大行動、本日です。来たれ、県庁前へ!

    • 2015.08.30 Sunday
    • 11:55


    今日またわたしたちの平和と民主主義の歴史が
    大きな一歩を進めます。
    国会前と全国各地、日本中が
    「戦争法案反対・アベ政治を許さない」の声で
    埋め尽くされますように。


    福島市にも、集え県庁前へ(14時から)! 
    お気に入りのプラカあったら、ぜひ持参で。
    (あいにくの雨天です。カッパ装備で来てください。
    100円ショップにも売ってるよ。セリアAXE3F
    ダイソー福島駅西口1F)

    8/30、県庁前へお集まりください!(集会&パレードのお知らせ)

    • 2015.08.27 Thursday
    • 23:12


    8/30、「戦争法案廃案!安倍政権退陣!
    国会10万人、全国100万人大行動
    」が行われます。
    国会前には10万人規模の市民が集まって、
    抗議の声をあげる予定です。
    また全国各地でも抗議集会やデモが予定されており、
    合計で100万人以上の規模を目指しています。

    当日、福島市でも「福島は怒ってる!」をスローガンに、
    これに呼応した取り組みを行います。

    14:00〜   県庁前にて集会

    福島県大学・短期大学研究者の会から、
    吉原泰助・福島大学名誉教授(経済理論・経済学史)
    塩谷弘康・福島大学教授(法社会学)
    藤野美都子・福島県立医科大学教授(憲法学)
    がスピーチを行う予定です。

    14:30〜    県庁前から街なか広場までをデモパレードします。

    60日ルールの適用(9/14)まであと2週間あまり。
    参議院では採決に向けての攻防が
    激しさを増しています。
    日本が、自国の防衛に関わらない
    他国の戦争に手を貸す国へと舵を切るのか、
    70年間、国民が歩んできた平和の道を
    未来へつなげていくのか、
    私たちはその分かれ道に立っています。

    安保法案廃案、アベ政治を許さないの声を、
    福島からも高らかに届けてまいりましょう!
    地元のみなさまの幅広い結集を呼びかけます。

    なお、当日集会やデモパレードに参加できない方も、
    ぜひ「アベ政治を許さない」のプラカードを、
    玄関先や店先に貼るなどして、
    サイレントデモをお願いいたします!


     








     

    100大学有志共同行動、始まります!

    • 2015.08.26 Wednesday
    • 12:37




    「100大学有志共同行動」、いよいよ始まります。
    会場内、100大学の幟が壮観です。
    命と自由と民主主義を守るために、
    学者たちも引き続きがんばらなくては。
     

    県内8月23日(日)若者連携行動、30日(日)「福島総がかり行動」に参加を

    • 2015.08.20 Thursday
    • 07:45
    安全関連保障法案反対「全国学者声明」、福島県内での賛同者の皆様へ
                          2015年8月20日
                       法案反対福島県大学・短期大学
                       研究者の会呼びかけ人事務局
     みなさん
    憲法違反・立憲主義を破壊する「安全保障関連法案」をめぐる参議院審議を
    つうじて、この法案が世界のどこででも、米軍と一体となって戦争をすることを
    可能とする「戦争法」案であることがいよいよ明らかになっています。
    統合幕僚監部作成の内部資料は、法案審議が始まった5月26日の衆議院本会議の
    その日に自衛隊幹部350名のテレビ会議で使用されていたにも関わらず、質疑で
    中谷防衛大臣は当初、「資料の真偽が定かでない」、「知らない」と答弁して
    いましたが、みずからの指示で作成したことが明らかになると、とたんに、
    「(資料流失は)ゆゆしき事態だ。研究は許容範囲だ」とひらきなおりました。
     防衛大臣、安倍首相がたびたび言をひるがえすことに、戦闘行為の参加の
    可否など重大な判断が、すべては時の為政者にゆだねられてしまうという、
    この法案の本質的な問題があきらかになっています。
     同時に、全国学者声明への賛同者は13,000名を越し、市民の賛同を合わせて
    4万人を超え、反対声明を出した大学は100におよび空前の広がりを示しています。
    福島県内でも賛同研究者は9大学1短期大学の143名となりました。
    (県内の大学・短大常勤教員数は900名)
    全国的世論に押され、自公政権は8月中にも参議院で強行採決を行ってくる
    可能性もあります。
    立憲主義を守れ、教え子を戦場に送らない、福島を再び惨禍にさらさない。
    いま、私たちがその声を上げるときです。
    以下の行動に、ぜひご参加されるよう、「福島県研究者の会」呼びかけ人一同は、
    こころから呼びかけます。
    (塩谷弘康・藤野美都子・二瓶由美子・吉原泰助・山田舜・坂本恵)

                 
    1.8月23日(日)学生団体SEALs呼びかけに呼応した県内行動 

      14:00-15:00 福島駅東口東邦銀行駅前支店前 宣伝&フリースピーチ行動
      (その後、JR在来線15:58-郡山16:45、新幹線16:16−郡山16:29で郡山駅に移動)
      16:45- 郡山西口駅前広場 福島若者有志の会 事前集会 17:30-18:00市内デモ
        ツイッターアカウント @nowar_fukushima
    2.8月30日(日)「国会前10万人&全国100万人総がかり行動」に呼応した
    「福島総がかり行動」
    14:00−福島県庁前広場集会 14:40−市内サウンドデモ
    (県内団体と調整中・予定)  

    ※なお、1,2の行動に参加可能な方は事務局までご連絡いただけると助かります。
    びかけ人事務局メール 
    fksm815@yahoo.co.jp

     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    qlook

    QLOOKアクセス解析

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM